WordPress

【WordPress】インストールされているプラグインをダウングレードする方法

WordPressのプラグインは常に最新のバージョンのものを使うのが鉄則です。しかしWordPress本体のバージョンやテーマ、他に使用しているプラグインとの相性の問題で、最新のバージョンのプラグインが動作しなくなることもあります。最新のバージョンのプラグインにバグが存在することも考えれます。

このような時、インストールされているプラグインのバージョンを下げる(ダウングレード)することで、正常に動作させられる可能性があります。

あまり推奨できる方法ではないのですが、今回はWordPressのプラグインを過去バージョンにダウングレードする方法を紹介します。

古いバージョンのプラグインを入手してインストールする方法

WordPressの公式プラグインは、管理画面上からインストールする方法だけでなく、Webサイトからzipファイル形式でダウンロード可能です。

ここではサンプルとして「WP Multibyte Pach」プラグインを取り上げて、古いバージョンのzipファイルをダウンロードする方法を紹介します。

古いバージョンのプラグインをダウンロードする

まずはWordPress プラグインのWebサイトにアクセスします。


https://ja.wordpress.org/plugins/

上記URLにアクセスすると「プラグインを検索」のテキストボックスが表示されます。ここに該当のプラグイン名を入力して検索します。

今回は「WP Multibyte Patch」と入力して検索します。

検索結果に複数のプラグインが表示されることがありますが、該当のプラグインを探してプラグイン名をクリックします。

プラグインの公式ページが表示されます。右サイドバーにある「詳細を表示」というメニューをクリックします。

リンク先を下にスクロールしていくと「以前のバージョン」の見出しがあります。

このプラグインの古いバージョンは安全ではないか、安定していない可能性があるため、テスト目的としてのみ利用可能です。

の注意書きを確認して、プルダウンメニューからダウンロードしたいバージョンを選択して「ダウンロード」ボタンをクリックします。

これで該当のバージョンのプラグインファイル(zipファイル)がダウンロードできます。

現在のプラグインを削除して、古いバージョンのプラグインをインストール

今度はWordPressの管理画面にログインして、現在動作しているバージョンのプラグインを削除します。一度、プラグインを削除しないと古いバージョンのプラグインはインストールできません

プラグインが「有効化」されていた場合は「停止」してから削除します。これでプラグインの削除が完了です。

引き続き先ほどダウンロードした、古いバージョンのプラグインをインストールします。

「プラグインの追加」画面から「プラグインのアップロード」ボタンをクリックします。

「ファイルを選択」ボタンをクリックして、先ほどダウンロードした古いプラグインを選択します。

「今すぐインストール」ボタンをクリックします。これで古いバージョンのプラグインのインストールが完了です。

インストールできたら有効化しましょう。

これでプラグインのダウングレードが完了です。

「WP Rollback」プラグインを使って、管理画面上からプラグインをダウングレードする

「WP Rollback」プラグインを使うと、WordPressの管理画面上からプラグインのダウングレードができます。早速使ってみましょう。

「WP Rollback」は公式プラグインなので管理画面上から検索してインストール可能です。インストールできたら有効化しましょう。

「WP Rollback」プラグインを有効化すると、プラグインの一覧画面に「Rollback」というメニューが追加されます。これをクリックしてみましょう。

過去バージョンがずらっと表示されるので、ダウングレードするバージョンを選択します。

画面を下までスクロールして「Rollback」ボタンをクリックします。

最終確認画面が表示されます。インストール済みのバージョンと、選択した過去バージョンの数値が表示されるので、よく確認しましょう。問題なければ引き続き「Rollback」ボタンをクリックします。

これで過去バージョンのインストールが完了です。有効化してプラグインの一覧画面を確認しましょう。

プラグインのダウングレードが成功したことが確認できます。

プラグインのダウングレード時の注意点

プラグインをダウングレードするということは、バグや脆弱性が存在するバージョンのプラグインを動作させることになります。これにより思わぬ被害に遭う可能性があることに注意しましょう。

またプラグインをあまりにも古いバージョンにダウングレードすることで、WordPress本体との相性が悪くなり、最悪の場合、WordPressの操作ができなくなる可能性もあります

冒頭でも述べたように、導入するプラグインは最新のバージョンを使用するのが鉄則です。どうしても古いバージョンのプラグインを動作させたい場合は、何らかの不具合が発生する可能性を頭に入れて、自己責任で作業することをお願いします。

===

このブログの更新情報をTwitterで配信しています。よろしければフォローお願いします!
@jugedred

facebookページも運営中です。
よろしければこちらもフォローお願いします!
Jugedred Project

ABOUT ME
ドレッド
フリーライター&Webクリエイター。1999年から趣味のホームページ制作を開始。Movable TypeやWordPressのカスタマイズでWeb制作を覚えました。地元の制作会社で5年間勤務して独立。現在は個人事業主としてWeb制作に関することを何でもやってます。
お仕事のご依頼お待ちしております。

このブログの運営者にお仕事を依頼しませんか?

コレカラウェブ

現在はフリーランスのクリエイターとして、ウェブメディアのライティングやホームページ制作、コンサルティングをしています。まずは事業用サイト「コレカラウェブ」にアクセスしていただき、お気軽にお問い合わせください。メールでのご相談は無料です。皆様からのご連絡お待ちしております。

コレカラウェブ公式サイトへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA